So-net無料ブログ作成
スピーカー ブログトップ
前の10件 | -

置くだけ!さらにマジック? [スピーカー]

スマホの音楽を聴くのは、イヤホンだけど、
映画やナガラには、スピーカーだよね。

でも、内臓のスピーカーは音量がってことで、
普通は、無線のスピーカーだろうけど、
設定が面倒。

で、これは、乗せるだけ。
スマホのスピーカーの磁気で音を大きくできる。
さらに、乗せたまま回すだけで音量が変えられるマジック付。

サッと出して、サッと使え、ノンストレス。
疲れてるときもイイよね。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

盛り上がろうぜ! [スピーカー]

これからの時期、イベントが多い。
人が集まるとヤッパ音楽が必要。
スマホのショボい音じゃ盛り上がれない。
かといって据え付けのスピーカーに接続なんてやってられない。

で、これだね。
いいとこは、出力が30W×2とデカいのに
電源がACでもバッテリでも動くとこ。
つまり持ち運び自由。
しかもバッテリで5時間も動く。

さらに、黒くて地味な外観だけど、
スピーカーが7色に光り、スピーカーの外周も赤と青に光る。
これなら盛り上がりそう。

Bluetooth 2.1対応で、スマホの音を出せるだけじゃなく、
外部音源やUSBメモリも使え、ワイドFMも聞ける。
さらに、マイクが2本使えて、MCにも使えるしー、
エコーも付いてるので、カラオケもいける。
完璧!




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

偽物が本物になったってこと? [スピーカー]

って、ワイヤレスイヤホンの話。
今までのワイヤレスって、確かに再生機器とイヤホンの間は
ワイヤレスだったけれども、
左右を繋ぐところはワイヤレスではなく、
さらに、リモコンやマイクが別ユニットで繋がってたりで、
結構、ブラブラして、ワイヤ―だらけな感じだった。

その割に、電池の持ちが今一つで、
それこそ、使いたいときに使えない不便さがネック。

このため、用途はスポーツ用になってしまうわけで、
このことで、
防水が必須→充電端子にカバーが必要→さらに充電が面倒。
という、出口のないループに入ってた感じ。
しかも、音もそんなにいいわけではなかったし、
普及しないよ、これじゃ。

で、最近出てきたのが、完全ワイヤレスっていうやつ。
Bluetooth Ver.4.1のおかげで、通信の電力が削減されてるのが大きいのかな。
左右のケーブルがなくなって、小型化。
まるで、耳栓だね。
これなら、ほんとにケーブルがないので、
ケーブルが絡んだり、ボタンに引っかかったり、
電車で人も荷物に引っかかったり、
がなくなり、普段使うのにイイ。
ただ、いくら省エネでも。相変わらず電池の持ちは悪いけれどね。

で、これ。
電池は、連続再生で2.5時間と短いけど、
専用ケースにバッテリが仕込んであって、
最大4回分充電ができる。
ということは、使わないときに仕舞っとくだけで、10時間は持つわけ。
さらに、低音再生能力を高めたドライバ(音を出すとこ)が鮮明な音を出すという。









スマホ向けの型番が「LBT-TWS01MP」で、カラーはBlackとMixed(ブラック+レッド)。
AV機器用の型番は「LBT-TWS01AV」でカラーはブラックのみ。
ということだが、流通ルートで型番を分けてるんだろうけれども、
それは、作る側、売る側の都合。
消費者目線で、不要な混乱を避けるためにも、同じものなら型番を統一してほしい。

とりあえず、私のようにくすぐったがりというか、
肌が敏感な人たちには朗報だよね。
頬とか首とかをケーブル刺激されないわけだから。
ニキビとか、吹き出物ができやすい人もイイかも。

最後に、小さいので「なくしそう」って、
紐付けたら意味ないからねー。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

在宅派?お出かけ派? [スピーカー]

山の日もあって、お盆休みも楽しみ。

休みはいいけど、出かけるのも大変。
混んでるのがね。
まー混んでる方が活気があってイイちゃイイ気もするけどね。
でも、交通機関の混雑はいいところは何もない。
只々時間の無駄な気がする。

この際、やりたかったゲームや
見たかった映画に没頭したい在宅派に
おススメなのがこの3Dイヤホン。

音が立体的に聞こえるイヤホン。
(コンテンツが対応してないとただのステレオだけど)
ドライバーが2つ直線に並ぶ特許技術で、立体サウンドを実現。
左右に加えて前や後ろから音が聞こえてくるので臨場感はMAX。
コンサートやライブもイイね。
怖い映画やゲームだと寝れなくなるかもね。




タグ:3Dイヤホン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

スマホでカラオケ? [スピーカー]

6月だね、ジューンブライドの季節。
披露宴で歌うこともありそうな。

今や何でもできる感のあるスマホ。
カラオケアプリも豊富にある。
これなら一人で練習できる。

そんな時に便利なのが、
このヘッドセット。
普通のヘッドセットと違うのは、エコーなどのエフェクト機能。
録音すればカラオケでどんな感じになるのかがわかるので、
本番に向けての練習には最適。

さらに、ヘリウムガスで声が高くなる感じにしたり、
テレビでよく見る音声を変える感じにもできたりして、
遊び要素もある。
もちろん普通のヘッドセットとしても使える。




タグ:カラオケ

ハイブリッドは当たり前? [スピーカー]

車のハイブリッドは、もう当たり前だよね。
道路で見ても半分以上がハイブリッドな印象。

ハイブリッドのもともとの意味は、雑種で、
ラバとかイノブタとか。
転じて工業では、2つものを組み合わせたものに使われる。
車の場合は、モーターとエンジンの組み合わせになる。

イヤホンでも、去年あたりから
ダイナミック型とBA型を組み合わせたハイブリッド型が出てきた。
ダイナミック型は、スピーカーなどでも使われてる方式で、
音域も広くゆがみも少ないけど、構造上高音域が不得意。
一方、BA型=バランスドアーマチュアは、ダイナミック型より前に
使われていたマグネチック型の発展形で、これも構造的に音域が狭い。
このため、BA型では複数の音域の異なるものを組み合わせて使うのが、
普通で、ものによっては12個も付いてるのがあるそうだ。

で、これを組み合わせて、低中音はダイナミック型、
高音はBAに担当させたのがハイブリッド型になる。
音域がひろーいのが特徴で、
バランスのいい音が聞けると注目のアイテム。
今後、これが主流になりそうな感じだね。

で、
高級品では20万、安いのでも1万前後するなかで、5000円は安い。
再生周波数帯域は、可聴域の20Hz~2kHzを超える10Hz~28kHz。
いい音かどうかは、好みだと思うけれども。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

スマホでカラオケ?でも盛り上がれる! [スピーカー]

最近スマホでもカラオケができるアプリが増えているらしい。
ただこれだけだと今一つ盛り上がらない。
練習するにしても、鼻歌っぽくなっちゃうのは、否めない。

で、スマホに直接つなげるマイク。
マイクだけど、スピーカーも付いてるのがミソ。
カラオケ屋の雰囲気で歌える。
声のボリュームやエコー量も調節できる。
ホームパーティーにもいいんじゃない?
安いし。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

どうせならいい音で残さないと [スピーカー]

再生はどうでもいいけど、
元となるものはできるだけいい状態じゃないと、
後から良くしようとしたって後の祭り。

画の方は、かなり進んでいるけど、
問題は音の方だよね。

って思ってたら、高音質のマイクが発売された。
しかも、iPhoneのLightningに直結できる。
音質は、CDを超える24bit/96kHz。
スタンドも付属。

単一指向性なので、狙った音だけが録れるのもイイ。

イーサプライ iPhoneマイク 高音質24bit/96kHz 録音 Lightning接続&USB接続対応 単一指向性 EZ4-MC010

イーサプライ iPhoneマイク 高音質24bit/96kHz 録音 Lightning接続&USB接続対応 単一指向性 EZ4-MC010

  • 出版社/メーカー: イーサプライ
  • メディア: エレクトロニクス



タグ:マイク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

耳がムズムズ [スピーカー]

車を運転する人はわかるだろうけど、
運転中に電話かかかってくることがある。
いちいち止めて出るのもなんだかなで、
高速なんて走ってたら出れるわけない。
で、そこそこかかってくる場合は、ヘッドセットになるわけだけど、
ちょっとした手間だけど、外すと付けるのが面倒なので、
ずっとしてると耳がムズムズしてくる。

これは、USBチャージャーのお尻に
Bluetoothのヘッドセットが付いてる。
外すと受話、戻すと終話になるので、超便利。
もちろん、お尻に挿してあれば充電されるので、
電池切れも心配ない。
USBは、2つ付いてて、2.1Aと1Aで強力。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

完全って気持ちイイ [スピーカー]

世の中怪しいものが結構ある。
最近だと目立つのは「生」。
「そりゃ『生』じゃないだろう」というものが多い気がする。
「生」というと火が入っていないイメージだが、
「生菓子」というのが昔からあって、
この場合、水分が多くて、日持ちしないがルーツかなと思うんだけど、
これが許されると、今の「生」も許すしかない気がする。

で、ワイヤレス。
キーボードやマウスは、完全にコードがないけど、
イヤホンは、左右をつなぐコードがあるわけで、
「どこがワイヤレス?」とも思えるわけ。

で、これはほんとにワイヤレス。
左右別々になってる。
わずらわしいコードから完全に開放されるのは気持ちイイ

小さいので、連続で使えるのは2.5時間と短いけれども、
付属のケースにはバッテリが入っていて、
一緒に持ち歩けば3回もフル充電できるので、
電池切れで困ることはない。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - スピーカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。